FC2ブログ

懐古的日本文学

主に近代以降(明治・大正・昭和)の日本文学、大衆小説の紹介や勝手な分析と感想、その他人文社会学系の本の紹介も。

⑮「党生活者」 /小林多喜二 1932年

「党生活者」 小林多喜二 1932年(昭7)


~あらすじ~
 満州事変以降、軍需品を大量生産するようになった倉田工業では、工場内の労働環境の問題を取り上げたビラが定期的に撒かれている。
「私」は工場に「もぐり」として勤め、数人の同志とともにこの運動を行っているが…


・感想
 ●「非合法」運動について
 労働者の不満を取り上げ、団結を促し、最終的には国家体制の変革に繋げていこうとする、一連の流れが、分かりやすく学べる。
争議による労働環境の改善から、労働者の立場向上、革命に至るには、途方もない遠い道のりがあることもわかる。

 特に諸外国より労働者の立場(特に工場や第一次産業)が著しく低い当時の日本では、労働争議から結び付いて、社会主義思想に共鳴する人が今よりかなり多かったのだと、考えさせられた。
 ソ連崩壊後に生きている私には、社会主義国家はその機密性や指導者の絶対性から、「恐い」というイメージが強いが…。

 そして、党員生活の実態。
 特高に追われ、気の休まる瞬間もなく、住居を点々とする日々。
 しかし、「私」が捕まることを恐れているのは、苛烈を極める拷問のためではなく、仲間との連絡が上手くいかなくなったり、その結果活動に支障が来たされたりするためである。
 生活すべてを捧げ、命をもかけた活動には、ただただすごいと思うばかりである。

 ●工場での闘争
 資本家と労働者の対立という大筋は、蟹工船と変わらない。
 しかし、党生活者では、蟹工船の世界とは異なった、より複雑で狡猾な攻防戦が、繰り広げられる。

 工員を装い、両陣営から仕込まれたアジテーター。(サクラともいう)
 退職金や本採用などのエサをちらつかせ、労働争議を阻止しようとする工場側。
 それに対抗して、団結を図り、工場に要求を行うために、労働者に地道な根回しを続ける「私」たち。

 戦争は、貧富の差や国民の窮状を解決する手段であるという資本家。
  戦争→それに伴う産業の活性化、雇用創出
領土拡大→巨大市場の獲得、インフラ投資
 対して、 「大衆から積極的支持を得られなけらば闘争は成功しない」という信念のもと、時間をかけて説得し、仲間を増やしていく「私」たち。
 そこには、本当に貧富の差もなく、誰も飢えない輝かしい未来があるように見えて、心が動かされる人も多いと思う。

 しかし体制を変えるには、武力衝突もあろうし、政権奪取後、ソ連など多くの社会主義国家で、指導者や幹部が絶対的な権力を持つようになり、「大衆」を意識しなくなることは、想像できなかっただろう。
 体制変革のその後の道は、示されていないが(まだそこまで行く段階ではないからかもしれない)、そのあたりのビジョンはどうだったのだろうかと思った。

・「蟹工船・党生活者」小林多喜二  新潮文庫

「英国一家、日本を食べる」/マイケル・ブース

「英国一家、日本を食べる(SUSHI AND BEYOND What the Japanese Know About Cooking)」
 マイケル・ブース著 訳:寺西のぶ子



「日本料理なんて見かけばっかりで、風味のかけらもないじゃないか。あれに楽しみがあるのか?温もりがあるのか?もてなしの心があるってのか?(中略)-しかもみんな盗んだ料理だ 」p.9


 日本料理は「何でもかんでもショウユに突っ込むだけ」と思っていた英国人のトラベル&フードジャーナリストが、家族で日本に滞在し、各地の食文化に触れる料理体験記。
 著者は、菊乃井、いづうなどの名店から、東京、大阪、福岡、沖縄の庶民の味、北海道の海の幸など、日本の様々な食を食べ尽くす。

 日本食の事を知らない読者にも、日本の文化や料理がわかるように細かく説明があり、とてもわかりやすい。

 ユーモア(時にブラック)を交えて日本を観察する著者の語り口が面白く、好きになってしまった。
「相撲取りはみんな裸だ。えっと、そうだな、おむつみたいなものだけしか着けていないんだ。」(p.48)
ペリー大佐ー野蛮な軍人とまではいえないけれど、それでもかなり挑戦的な外国人ー(p.241)
とか、ところどころ吹いてしまう。
 家族の皆さんの反応も面白く、外国人の日本旅行記としてもおすすめ。

 伝統的な日本料理が、季節や素材の味を大事にしていることはよく知られていると思うが、「触感」の大事さにも触れられていて、そのことについていろいろ考えさせられる。
 確か、ロラン・バルトの「表微の帝国」にもそのようなことが書いてあった。

 ラーメンのもちもちを楽しむために、わざわざ「かん水」を発明したことを、この本を読んで初めて知った。
 日本語には、触感を表す擬音語も多い。
 のりはぱりぱり、滑らかな絹ごし豆腐、つるつるしたうどんなど。
 モチなんて味がないのに好んで食べるのは、独特の触感のためかもしれない。
 焼き鳥のいろいろな部位も、それぞれ触感が違って面白い。
 寿司は、ネタによって味だけでなく、様々な食感を楽しめる食感バイキングだろう。
 なめらかなトロやウニ、イクラのプチプチ、ツブツブのエンガワ、シャキッとした白貝・・・

 そして、一つの料理から、複数の食感を楽しむことも、日本人の大好物である。
 外はカリっと中はふっくらとした天ぷらや、プリプリのタコを楽しむたこ焼き。
 読んでいるとそういうことを感じて、食べたくなる。


 料理の取材についても、著者の熱意に押されるからだろう、名店の職人は、著者に料理の作り方や材料などを熱心に教えてくれている。
  企業秘密ではないのかとやや心配になるが…
 作り方や調味料、材料を教えても、そう簡単に自分たちのレベルに到達することはできないのだという自負があるのだろう。
何十年もかかって培ってきた職人技が、そこにはある。

 東京のとある天ぷらの名店(お店の名前が出ていない)のお話は、読んでいて為になった
 ブレンドする粉の種類、粉の作り方、揚げ方などのコツ。ぜひ作ってみたくなる。

 職人たちの中で一番印象的だったのは、菊乃井の料理長・村田氏の言葉である。
 神様からの贈り物である食材に、味を付けたり形を変えすぎたりするのは、「おこがましい」こと。
 食材の良さを引き立たせるために調理するのが料理人。

 個人的に中華や韓国料理など、濃い味付けが好きで、スパイスが聞いていて味がキマっているのも好きなのだが、これになれてしまうと、薄い味付けに物足りなくなってしまう。
 が、 この本を読んで、素材を生かした料理を意識したいと思った。

・「英国一家、日本を食べる」マイケル・ブース著 訳:寺西のぶ子 亜紀書房(2013)

⑭「蟹工船」/小林多喜二 1929年(昭和4)

「蟹工船」小林多喜二 1929年
~近代日本の暗部・使役労働者たちの実態~

・あらすじ
 明治時代。オホーツク海を運行する蟹工船では、企業の収益のみを重視し、労働者たちは、非衛生的かつ非人道的な扱いを受けていた。
 労働者の生命をも軽視した扱われ方に、彼らはだんだん憤りをあらわにしていく。


 開拓期の北海道を作りあげた労働環境の過酷さはよく知られている。
 囚人労働に起源を発する「タコ部屋」労働によって敷設された鉄道やダム、埋め立て地。
 爆発が日常的に起こる炭鉱。不毛の荒野を開拓していく農業。北の冷たい海で行う漁業...。
 広大な自然の恩恵と表裏の過酷さ。産業を興し一から街を作り上げていく苦労は、現代の私たちには想像もつかない。
 そんな中で、労働者たちの命は使い捨てのように扱われた。

・以下物語の核心に触れています。
 「監獄だって、これより悪かったら、お目にかゝらないで!」
 「こんなこと内地さ帰って、なんぼ話したって本当にしねんだ。」p.40
 「生命的だな!」「死ぬ思いばしないと、生きられないなんてな。ー瓦斯も恐ッかねど、波もおっかねしな。」p.41


 蟹工船には、東北をはじめとする各地から、様々な境遇の労働者たちが集められている。

 事故の頻発する鉱山に恐怖を覚え、やまを下りた元鉱夫。各地を流れ歩く「渡り者」や「季節労働者」。
 職業斡旋屋に騙されて連れてこられた学生上がりたちなど。
 彼らは、その劣悪を極めた不衛生さによって「糞壺」とよばれる狭いスペースで雑魚寝する。

 そして、彼らを打ちのめすのは、過酷な労働や不衛生な環境だけではない。

 仕事を放棄した雑役夫が、監督に閉じ込められて殺されたり、仲間の船が沈没したのを聞かされたりする。
 また、ロシア領内での密漁が国によって(!)奨励されており、ロシアの駆逐艦に追われるなど、精神的なダメージもかなり堪える。
 みな、それらの疲労や神経を、安くて強い酒で紛らわす。

炭鉱では、炭鉱事故が起これば労働者たちは生き埋めになる。
蟹工船でもいつ沈むかわからないようなボロ船に乗り、仲間の船が沈んでも見殺しにされる。
 このような物語や女工哀史を読むにつけ、近代日本の発展や北海道の開拓は、犠牲の上に成り立っているのだということを実感する。

 そんな中、彼らに一筋の光が。
漂着した漁夫たちは、偶然助けてもらったロシア人一家と中国人通訳と話し、自身の尊厳を自覚する。
 要約すると、「労働者と資本家の立場やパワーは実は逆」で
 「労働者が一番偉い、労働者がいなければパンがなくて、みんな死ぬ。」
 「数に勝る労働者は、団結し、協力すれば資本家や権力と戦える」
 使役されるのを当たり前として、過酷な労働に甘んじていた彼らを変えていくきっかけとなった場面である。
 社会主義革命がおこる原理をわかりやすく示していると思う。

 最後、自分たちの敵→現場監督から、資本家と癒着している軍隊、国家であると気づいていく労働者たち。
 今の労働者たちの権利を「当たり前」にしたのは、こうした奮起があったからだと強く感じた。

・引用文献「蟹工船・党生活者」より「蟹工船」小林多喜二 新潮文庫(1953)

当サイトについて<プライバシーポリシー、免責事項、運営者情報等>

<プライバシーポリシー・運営者について> 

 当サイトは、忍者AdMax、nend、amazon、楽天を利用することにより広告の配信を行っております。
  個人情報の取り扱いについては下記のとおりになります。
 下記のことから個人情報が漏えいすることや第三者に開示されることはありません。

 ・当サイトでは、ユーザーがページをご覧になったりする際に、ユーザーに関する情報を自動的に取得することがあります。
 ・当サイトで取得するユーザー情報は、広告が配信される過程においてクッキーやウェブビーコンなどを用いて収集されることがあります。
 ・当サイトで取得するユーザー情報は、情報収集目的のみで収集され、それ以外の用途には使用いたしません。
 ・ユーザーは、プライバシー保護のため、クッキーの取得を拒否することができます。
クッキーの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する設定を行ってください。
当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、ユーザー様が閲覧する他のサイトの状況に応じて、興味のある広告を配信しています。
 そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。

<FC2アクセス解析について>
・当サイトではアクセス解析ツール「FC2アクセス解析」を利用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

<免責事項>
 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
 
運営者:mai
メールアドレス:kaikotekinihonbungak△gmail.com(メールを送る際は△を@に変えてください。)

「まだ東京で消耗してるの?」/イケダハヤト

「まだ東京で消耗してるの?」イケダハヤト



 とても挑発的なタイトルである。
 東京から家族で高知県の限界集落に移住したという著者のエッセイ。
見出しだけ見ても、
 「第一部・東京はもう終わっている」「なぜ東京は終わっているのか」「東京の受動的サラリーマンはこの先喰えなくなる」
 ・・・。

 そして文章も挑発的。

「まだ毎日残業して、東京のウサギ小屋に高い金払ってるの?」p.22

「僕はあなたが汗臭い満員電車で頑張って本を読んでいる時間に、誰もいない静かな部屋でのんびり日本酒を飲みながら本を読んでいるのです。」p.25

「真夏にスーツを着て汗だくになっている人たち。脱げばいいのに……。『暑けりゃ服を脱げばいい』ということは、幼児でも知ってますよ。」
「こういう人たちもまた、東京というシステムに勇気を去勢されているのでしょう」p.38


 田舎は教育環境が悪いのではないか?という質問に対して・・・
 「いいですね!時代遅れなその感じ!」p.116

 東京に住んでいる人はイラッとくるのではないか。

 著者の書き方は、東京という社会システムに飲み込まれて普通に生活している人や、東京を脱出できない人、そのシステムに押しつぶされていく人を上から見降ろしているようである。
 しかし悲しいかな、的を射ている指摘が多々ある上に、言い方もブラックユーモアがあって面白い。

 文章にイライラさせられる時点ですでに著者の手管に飲み込まれてしまっているのだろう。
著者は広告収入で生計を立てるブロガーなので、刺激的なことを書けば書くだけ、ブログにたくさん人が集まる。
とても良い奥さんがいるようなので本当は良い人なのかもしれない。

 実際に皮肉ばかりでなく、考えさせられる問題提起も多く述べられている。
 賃金に比しての東京の住宅のコスト問題、人口過密による通勤、渋滞、トイレ事情など。
 特に、著者の住むところの方が子供を周囲が見守り大事にする環境が整っているというのは、その通りなのだろう。
 
 すべてをうのみにするわけではないが、東京=最先端、最上級のまちという価値観は崩れ去っているのかもしれない。

 しかし、著者のようにネット環境さえあれば自分の技術で稼いでいける人にとっては移住はよいものなのだろうが・・・(このことは著者も述べている)

 ともあれ、東京生活に嫌気がさしたり疲れてきた人、またはもっとポジティブに、新しい場所で一から生活を作り上げたい人、何もないところからビジネスを立ち上げてみたい人など、様々な人に対する提案書となっている。

  東京で会社員として生きていくだけが、人生ではない。
  もっといろんな選択肢があるのではないか。もっと人生を自由に考えてみては?といった指南を与えてくれていると思う。

  第4部で、いろいろビジネスを立ち上げてみたいと、たくさん企画書(?)が書いてあるのだが、それが実行されつつあるのかどうかが気になる・・・

・引用文献:「「まだ東京で消耗してるの?」著:イケダハヤト 幻冬舎新書(2016)